Child Safe Tourism

子ども達に直接プレゼントを与えたり、どこかに一人で連れ出すことは避ける

このことはなぜ重要なのでしょうか?

現地の子どもたちとの交流は特別な経験だと私たちは感じるかもしれませんが、実際にはそれが子どもたちに害をもたらす可能性があります。それによって子どもたちは見知らぬ人々と知り合うことを教えられますが、見知らぬ人が良い意図を持っているとは必ずしも限らないのです。遊んだり、プレゼントを贈ったり、一人で連れ出したりすると、子どもは両親や保護者の目が届かないところでも、または彼らの許可を得なくても、見知らぬ大人を信用してもよいと思うようになります。子どもたちに危害を加えようとする者は、そうする前にまず時間をかけて子どもとの関係を築くことが多いのですが、そのときにはプレゼントや賄賂などを贈ることがよくあります。これによって子どもは勘違いすることがあり、そのために危険にさらされるのです。

それでは、代わりに私に何ができるのでしょうか?

子ども達に直接プレゼントを与えたり、監視や許可なくどこかへ単独で連れ出すことは絶対にしてはいけません。その代わりに、弱い立場にいる子どもや家族をサポートするために取り組んでいる団体や企業へ寄付しましょう。

農村部や小さなコミュニティでは、村のリーダーに会うようにし、贈り物は彼らに渡します。彼らは物品が公平に分配され、最も必要としている子どもにわたるように手配します。少数民族を訪れる場合は、菓子類、衣料品や医薬品などの品を持って行かないことをお勧めします。それは彼らの伝統的な生活を脅かす恐れがあるからです。

Who can I contact or support?

カンボジア
  1. 1

    Room to Read(ルーム・トゥ・リード)カンボジア

    ルーム・トゥ・リードは、学校図書館インフラの提供、本の出版および読み書きの教育によって、識字能力の向上と、教育におけると男女の平等を推進するように働いています。

    Visit site
タイ
  1. 1

    Gift of Happiness Foundation(幸福の贈り物財団)

    この財団は、タイの子どもと家族に、衣類、寝具、医療品、教育機器や農具などの基本的な必需品を提供しています。

    Visit site
ベトナム
  1. 1

    Room to Read(ルーム・トゥ・リード)ベトナム

    ルーム・トゥ・リードは、学校図書館インフラの提供、本の出版および読み書き教育によって、識字能力の向上と教育におけると男女の平等を推進するように働いています。

    Visit site
ラオス
  1. 1

    ルアンプラバン図書館

    ルアンプラバン図書館は、ラオスの 僻地にある75の村落の子ども達に読み物を提供します。

    Visit site