Child Safe Tourism

June 4, 2014

東南アジアの子どもの性的虐待に対する理解不足が子ども達を危険にさらす

タイ、バンコク タイ、ラオス、カンボジア、ベトナムでは大人も子どももその多くが、子どもの性的虐待とはなにか、それを防ぐためにどうしたらいいかについて限られた理解しか持っていないと、新しい報告書「セックス、虐待、および児童期: カンボジア、ラオス、タイ、ベトナムにおける旅行や観光を含む子どもの性的虐待に関する知識、態度と行動に関する研究」は明らかにしています。 Project Childhood Prevention Pillar が本日発表した報告書では、ほとんどの子どもや大人が、子どもの性的虐待といえば、女の子に対するレイプである、として狭義に理解していることが分かりました。その他の性的虐待行為(不適切な身体への接触やポルノグラフィへの露出など)は、少年への性的虐待と同様、通常は性的虐待として認識されていません。 「子どもも大人も、子どもの性的虐待をほとんど理解していないことは、虐待の事例が検知されないことを意味しています」と、Project Childhood Prevention Pillar のプログラムマネージャー、Aarti Kapoor は言います。「私達は、子どもの性的虐待はしばしば子どもへのグルーミング、不適切な会話や接触で始まり、やがて虐待のより深刻な形へとエスカレートしていくことを知っています。子どもへの性犯罪者は、多くの場合、家族には知られており、女の子と男の子の両方をターゲットにします。しかし私達が話を聞いた人びとはほとんどそれを理解していませんでした。」 International Day of Innocent Children Victims of Aggression(侵略による罪のない幼児犠牲者の国際デー)に合わせて、タイのバンコクで本日発表された研究調査では、タイ、ベトナム、ラオス、カンボジアの 600 人以上の子どもと大人にインタビューを行いました。 インタビューを受けたすべてのグループの内、子どもへの性的虐待についての理解が最も低かったのは親達でした。「子どもの性的虐待についての基本的な認識不足は、親が虐待的関係の中でリスクや事例を特定する可能性が低いことを意味します」と、Project Childhood Prevention Pillar のテクニカルディレクター、Afrooz Kaviani Johnson 氏は言います。「親は介入する機会を逃す可能性があり、理解の欠如はまた、子どものニーズに対する親達の全体的な反応に影響を与えることがあります。」 報告書は、特に保護者や介護者、子どもやコミュニティのメンバーに対する子どもの性的虐待防止教育を推奨しています。「私達は国際的な経験から、子どもへの性的虐待防止教育は、弱い立場にあるコミュニティが、虐待に対する抵抗力を構築するための効果的な手段であることを知っています」と Aarti Kapoor さんは述べています。「子どもも大人もあらゆる類の性的虐待 – それが見知らぬ人、外国人、地元の人、友人、または家族によって犯されたかどうかにかかわらず – から子ども達を保護するための情報やスキル、そして戦略を必要としています。」 完全レポートおよび要旨を読む。主要調査結果を表示。(英語のみ)

Read more
May 16, 2014

UNWTO とワールド・ビジョンが観光における子どもの搾取と戦うために提携

スペイン、マドリード – 2014 年 5 月 15 日 観光業は世界的に、特に東南アジアで成長を続けています。子どもの搾取に関連する場所では特に、観光が地域社会に及ぼす影響を考慮することがますます急務になってきています。これが、UNWTO とワールド・ビジョン東アジア地域事務局が、子どもの搾取との闘いに向けた観光部門のパートナーシップを構築する覚書に署名した理由です(2014 年 4 月 17 日)。 この覚書は、UNWTO と、搾取、人身売買や虐待から子どもを守るために緊急人道支援・開発援助・アドボカシーを行う団体であるワールド・ビジョン(WV)との連携を強化することを目指しています。 UNWTO と WV 間の今後の協力分野には、WV が調整し、カンボジア、ラオス、タイ、ベトナムの政府によって承認されている、旅行中の旅行者が観光地で子どもや青年を虐待から保護するためにできることを知らせるチャイルド・セーフ・ツーリズムキャンペーンを含め、観光で子どもの保護をサポートするためのツールの促進、優良事例やケーススタディが挙げられます。このキャンペーンは、メコン圏内の観光旅行における子どもの性的搾取と戦う、オーストラリア政府が資金提供しているイニシアティブ、Project Childhood の一環です。 UNWTO は、15 年以上にわたって World Tourism Network on Child Protection(児童保護に関する世界観光ネットワーク)(旧称 Task Force for the Protection of Children in Tourism)を通じて同分野に取り組んできました。観光セクターでのあらゆる形態の子どもや若者の搾取を防ぐために設定されたこのネットワークは、観光関係者やその他の関係者が経験を交換し、UNWTO Global Code of Ethics for Tourism に準じた責任ある政策やビジネス慣行の採用を推進するためのプラットフォームとして機能しています。  「観光セクターの成長は重要な発展の機会となりますが、同時に巨大な課題ももたらし、社会の最も弱い立場にいるグループに影響を及ぼします。子どもや若者は特に危険にさらされています。観光部門の利害関係者が協力して子どもの搾取という緊急の問題に取り組むことが不可欠です。ワールド・ビジョンは、常に UNWTO World Tourism Network on Child …

Read more
November 6, 2013

東南アジアへの観光客、チャイルド・セーフ・ツーリズムに基づく行動を提唱

タイ、バンコク – 2013 年 11 月 6 日 西シドニー大学と提携してワールド・ビジョンが実施しているオーストラリアの援助イニシアティブ、Project Childhood Prevention Pillar が発行した新しい報告書によると、東南アジアへの旅行者は、搾取から子どもを保護するために観光産業がもっと多くの行動を取ることを望んでいます。 昨年は 3600 万人以上の観光客がカンボジア、ラオス、タイ、ベトナムを訪れ、その多くが、子ども達が非常に弱い立場におかれている事実に遭遇しました。画期的な報告書、「The Child Safe Traveller (子どもの安全を守る旅行者)」が、World Responsible Tourism Day(世界責任あるツーリズムデー)の式典と同時に本日発表されました。この調査では 39 カ国からほぼ 270 人の旅行者に聞き取りを行いました。それによると、調査を受けた旅行者の 95% が地元の子ども達と会いましたが、子ども達との交流は旅行者達に悲しく、罪深い感情、懸念や失望感を感じさせました。 「物乞いしたり、観光サイトで物を売っている子ども達に著しいリスクがあること、そして組織的なツアーや「ボランティア観光旅行」体験の一環として養護施設を訪問する人々が認識されるようになっています」と、ワールド・ビジョンの Project Childhood Prevention Pillar プログラムマネージャー、Aarti Kapoor 氏は述べています。 質問された旅行者の 4 分の 3 は、旅行や観光に関連して子ども達が虐待や搾取を受けていることに気づいていました。観光客の大半は、潜在的に危険な状態にあるこれらの子ども達を支援したいと述べる一方で、多くの人はどんな行動を取っていいのかわからず、もっと情報を求めていることを調査は示しています。 「アジアは来る 20 年の間世界で最も観光業の成長が見込まれることを考えると、チャイルド・セーフ・ツーリズム環境を構築することが不可欠です」と、ワールド・ビジョンの Project Childhood Prevention Pillar テクニカルディレクターである Afrooz Kaviani Johnson 氏は言います。「自分達がどのように貢献できるかを責任ある旅行者に教育することが、この変化における重要な部分です。」 同調査ではまた、チャイルド・セーフ・ツーリズムについての情報は、旅行者が行う決定に直接ポジティブな影響を及ぼすことが分かりました。チャイルド・セーフ・ツーリズムを認識している旅行者は、物乞いする子ども達にお金を与えることや、養護施設の子どもを訪問すること、そして路上で子ども達から物を買うことを控える可能性がより高いことが判明しました。 …

Read more
March 11, 2013

無料チャイルド ヘルプライン(カンボジア)が1日24時間に

カンボジア プノンペン – 2013年3月2日 チャイルド ヘルプライン(カンボジア)は、無料ヘルプライン サービス1280番の受付時間を13時間半から24時間に延長しました。 この時間延長により、多くの子どもや若者にとって電話でカウンセラーに連絡して問題を相談しやすい夜間に、心理的サポート サービスを利用したいという需要に応えることができます。 また、問題の多くは深夜の時間帯に発生し、子どもや若者が助けを必要とします。 チャイルド ヘルプライン(カンボジア)の理事長で、Cambodian National Council for Children (CNCC) の事務局長を務める H.E Khiev Bory 氏は、24時間体制のサービスにより子どもの権利を守るアプローチについて次のように熱心に語っています。 「24時間へのサービス時間延長は、子どもや若者、特に彼らの権利と保護の点で大きな恩恵をもたらします。 チャイルド ヘルプライン(カンボジア)は、子どもの声です。 子ども、若者、そして懸念を抱く大人が支援を求めるためにいつでも電話できるようになりました。」 2009年から2012年までチャイルド ヘルプライン(カンボジア)の運営を行った ChildFund Cambodia のカントリー ディレクターであり、現在はチャイルド ヘルプライン(カンボジア)の共同副理事長でもある Carol Mortensen 氏は、24時間へのサービス延長がヘルプラインの組織的発展における画期的な出来事であると考えています。 「2009年の開設以来、ヘルプラインを支援していますが、この年月を経て組織的な力が大幅に増しました。 24時間体制になったことは、ヘルプラインのチームがこの3年間にいかに多くのことを成し遂げたかを如実に表しています。」と同氏は述べています。 チャイルド ヘルプライン(カンボジア)の専務理事である Sean Sok Phay 氏は、24時間体制の開始によりアクセスが容易になったことを喜んでいます。 「私たちは以前からすべての子どもや若者が抱えるあらゆる問題に耳を傾けてきました。 そして今、私たちは一日中、彼らの声を聞き、支援し、力を与えることができるようになりました。 私たちは、通話料無料で24時間いつでも長期的な心理サポートサービスを提供する、子どもが利用しやすい唯一の電話相談です。 このことはまた、私たちのサービスが利用のしやすさに関する Child Helpline Internationalの推奨要件をすべて満たすようになったことを意味します。」 チャイルド ヘルプライン(カンボジア)のサービスは、2010年から運営されている無料のヘルプライン1280番により、すでに利用しやすいものになっています。 1280番には、カンボジアで携帯電話が使用できるすべての電話ネットワークから、使用可能通話時間が残っていない電話からでも発信可能です。 カウンセラーには …

Read more
November 6, 2012

東南アジア地域の旅行者はチャイルドセーフ ツーリズムについて学ぶことを希望

タイ、バンコク – 2012 年11 月7 日 World Vision が実施している Australian Aid プロジェクトの「Project Childhood – Prevention Pillar」が発表した報告書によると、カンボジア、ラオス、タイ、ベトナムなどの 東南アジア諸国を訪れる旅行者およびこの地域内の旅行者は、チャイルドセーフ ツー リズムについてより多くを学ぶことを希望しています。 「World Responsible Tourism Day」(世界責任ある観光の日)を祝して、同日発表された 報告書「Child Safe Tourism: The Tourist Perspective」(チャイルドセーフ ツーリズム:旅行 者の視点)には、現地での子どもとの触れ合い経験、およびチャイルドセーフ ツーリズ ムの理解について、最近東南アジアを旅行した人を対象に実施したオンライン調査の 結果が掲載されています。 37か国の300名を超える旅行者から自主的な回答が寄せられましたが、その半数以上 (57.1%)は、現地を旅行中に子どもの搾取または虐待にあたると思われる状況を目撃 したと答えています。 さらに回答者の84.8% は、旅行中に子どもを守り、搾取を防ぐた めの方法についてもっと知りたいと述べています。 「過去10年の東南アジアにおける観光産業の飛躍的な成長は現地の経済に多大な恩 恵をもたらしましたが、子どもとその家族が伝統的な生活様式を捨てて、搾取や虐待の 危険に特にさらされる観光地で収入を求めるように仕向けるプル要因も生み出しまし た。」 と World Vision、Project Childhood – Prevention Pillar のプログラムマネージャー、 Aarti Kapoor 氏は述べています。 …

Read more
August 17, 2012

カンボジア観光省が観光産業における児童保護の取り組み強化

カンボジア、プノンペン – 2012年8月17日 カンボジア観光省と ワールド・ビジョン・カンボジアは本日、Australian Agency for International Development(AusAID)が新たに開始した「Project Childhood」イニシアティブを通じ、観光産業における児童保護の取り組みを強化することを発表しました。 Project Childhood は、World Vision、国連薬物犯罪事務所(UNODC)、インターポールが力を合わせて観光における子どもの性的搾取という深刻な問題に、防止と保護の両面から取り組むものです。 World Vision は、観光省が「チャイルドセーフツーリズム」委員会を設置した2001年以来、観光省と協力して活動を行っています。 World Vision が Project Childhood Prevention Pillar の実施機関に選ばれたことの背景には、長期にわたる観光省との協力関係と、児童保護をめぐるこれまでの実績があります。 カンボジアは近年ますます人気の高い観光地となっています。 観光省の統計によると、海外からカンボジアを訪れた人の数は、2011年には280万人に達し、2010年と比較して15% 増加したことが分かります。 「観光地には、弱い立場にいる子どもや家族が収入を得るためにやってくることが分かっています。」と Project Childhood Prevention Pillar のナショナル コーディネーター、Phang Chanda 氏は述べています。「観光産業の成長に伴って、私たちはあらゆる形態の虐待から子どもを守るための防護策を実施する必要があります。 観光が環境に害を及ぼすことなく、カンボジアの文化や遺産、地域社会に悪影響をもたらさないことはもちろん、すべての子どもにとって、特に最も弱い立場にある子どもたちにとって安全なものであってほしいと考えています。」 ワールド・ビジョンは「チャイルドセーフツーリズム」における観光省のリーダーシップを賞賛しています。 ワールド・ビジョン は観光省との協力関係を通じて、政府および観光業界と協働し、リスクにさらされている子どもの脆弱さについての意識を高め、児童保護を重視する責任あるツーリズムの慣行を支援します。 その手始めとして「チャイルドセーフツーリズム」委員会の2日間のワークショップが開催され、カンボジアにおける「チャイルドセーフツーリズム」のための作業計画が策定されました。 World Vision は虐待撲滅のために、地域社会の少年少女、保護者や地域のリーダーたちとも協力し合って活動しています。

Read more
September 27, 2011

旅行者と児童労働搾取産業

バンコク ポスト、タイ – 2011年9月27日 子どもの貧困の状況はタイを旅行する人や外国人居住者によく知られています。 真っ赤な口紅を塗った6歳の女の子がござの上にかしこまって座り、物乞いをしています。そのそばには女性が座っています。 午後11時、成人向けの歓楽街で12歳の少年がチューインガムを売っています。 生意気そうな笑顔と片言の英語に、あなたは強い印象を受けます。 このような厄介な状況に遭遇すると、同情と気まずさの入り混じった感情が湧いてきて、何かが間違っていると感じ、助けてやりたいと思うことでしょう。 結局、コインをいくつか渡すことになるかもしれません。 何をしたとしても、この不運な子どもの生活を助ける上でたいしたことはできなかったという不快な思いが残ります。 では、この状況について違う角度から考えてみてください。その子どもが次に声を掛けた相手が50バーツを子どもに与える代わりに見返りを求めたらどうでしょう。World Tourism Day のこの機会に、 私たちの国の子どもにとって観光とは何を意味するのか、またどうすれば彼らを守れるのかについて考えてみてください。 タイの観光産業は、景気が世界的に低迷する中でも成長を続けています。 2010年には1600万人の旅行者がこの微笑みの国を訪れており、タイ国政府観光庁は2012年の旅行者数1950万人、海外からと国内の観光を合計して12億バーツの収入達成を目標に定めています。 観光産業が今後もタイ経済の推進力であり続けることは明らかですが、子どもに及ぼす影響などの社会的影響に関して、注意深く管理する必要があります。 旅行産業の発展に伴い、監視を怠ると児童労働搾取も拡大する可能性があります。 タイ政府は、子どもをターゲットにする悪質な性犯罪者に関しては国際的な法執行機関と連携しています。 タイは過去10年間に子どもの性的搾取の問題で明らかに大きな前進を遂げています。 しかし、タイおよび近隣国では今なお事件が発生し続けています。 パタヤやプーケットなどの大規模な観光地や観光施設は、旅行者のみならず、脆弱な子どもたちをも取り込みます。 観光が急速に発展を続ける現在、私たちも無頓着でいることは許されません。 路上で寝起きして働く子どもや若者は、他の誰よりも上手に旅行者の注意を引いてお金を得るため 特にリスクにさらされています。 観光に関連する環境を、このような子どもたちにとってより危険の少ないものにするにはどうすればよいのでしょうか。政府、NGO、IGO や民間部門の尽力により、サービス産業における意識が向上し、企業の社会的責任が改善されてきています。 この点においては、一人ひとりの旅行者も役割を果たすことが求められます。 「チャイルドセーフツーリズム」は、一人ひとりの旅行者が問題の解決策の一部となるための1つの方法なのです。 観光に関連する環境は、弱い立場にいる子どもたちが必ず安全に守られるものにする必要があります。 私たちの行動によって、子どもたちを取り巻く危険性がどのように高まったり、低下したりするのでしょうか。 そして、旅行者はどのような役割を担うのでしょうか? 何よりもまず、子どもを路上生活から救い出す必要があります。 その1つの方法は、子どもが路上生活を続け、あるいは観光産業周辺の危険な状況で働き続ける要因となっている金銭的な誘惑を減らすことです。 物乞いする子どもや、子どもを連れて物乞いをする人に小銭をあげることが、子どもに路上生活を続けさせることにつながるかどうかについては議論の余地があります。 おそらく、現地のストリートチルドレンのための慈善団体に対し、より多額の寄付をするほうがよいのではないでしょうか。 夜遅くに小さな女の子がバラを売ることを許可するレストランがあり、外では保護者が待っているという状況を目にしたら、店主に一言言うべきでしょう。 この種の児童労働搾取を許す代わりに、このような子どもが確実に学校に行けるように、レストランはその利益の一部を寄付したり、信頼できる組織の募金箱を店に設置したりできます。 さらに良い方法として、元ストリートチルドレンにサービス産業で働くための訓練を施す職業訓練校の卒業生に、そのレストランで働く機会を提供することもできます。 このようなことをすでに実施している会社は多数あります。 彼らをぜひ支援してください。 地域組織のボランティア活動に参加するのも良い考えです。 しかし、旅行者は子どもを観光のアトラクションにするような策略に巻き込まれないように気を付ける必要があります。 特に「孤児院ツアー」の増加は懸念される傾向です。 ボランティアを受け入れようとする、信頼できる組織は、少なくとも厳しい審査手続きと、国際基準に準拠し、公開された明確な児童保護方針を定めている必要があります。 子どもたちは、健やかに成長して能力を発揮するために、望ましくは家族と共に、安全かつ安定した環境で生活する権利があります。 最後に、意識を高めて学習を続けることも重要です。 電話機にはツーリスト警察と児童保護ホットラインの番号を登録しておきましょう。 児童保護に関する意識を高め、懸念があれば通報し、ホテルやレストランと子どもの安全について話し合い、子どもの安全を守る活動を支援する観光サービスを選択して利用することによって、タイの観光産業をより倫理的なものにする取り組みに簡単に参加できます。 タイでは、旅行者や外国人滞在者は数多くのすばらしい体験ができます。そのお返しとして、「チャイルドセーフツーリズム」を通じて、次の世代のための継続的で前向きな活動に力を合わせて取り組みましょう。 Aarti Kapoor

Read more
September 26, 2011

World Tourism Day(世界観光の日):「東南アジアの子どもたちを性的搾取から守るためにより多くの行動を」

タイ、バンコク – 2011年9月26日 国際的な支援組織である ワールド・ビジョンは、東南アジアへの旅行者数が爆発的に増加するのに伴い、旅行者による性的搾取から脆弱な子どもたちを守るための対策を講じる必要が高まっていると警告しています。 この警告は、9月27日の World Tourism Day(世界観光の日)を機に発表されたものですが、タイなどの国々の最新の統計によると、2011年の前半に年率26%(1117万人)の割合で旅行者数が増加したことが明らかになりました。 人気観光地には数えられないラオスでさえも昨年はカンボジアと同程度の約250万人の旅行者が訪れ、ベトナムには約500万人が訪れました。 ワールド・ビジョンでは、訪問者数が増え、結果的に子どもへのリスクが高まっているが、責任ある旅行者が問題の解決に貢献すると考えています。 同組織は、子どもの安全と保護に注意を払う取り組みで、この地域を訪れる旅行者に協力を求める考えで、「チャイルドセーフツーリズム」の環境を確立するために、観光業界やツアー会社にもそれぞれ役割を果たすよう依頼する予定です。 この目的は、観光エコシステム全体を、観光客を受け入れる国にいる脆弱な子どもたちにとって安全なものにすることです。 特に外国人性犯罪者を捕らえることに重点を置いた、子どもの性的搾取を根絶するための大々的な取り組みがメコン地域の各国政府によって実施されています。 この進歩を支え続ける中で、ワールド・ビジョンは「「チャイルドセーフツーリズム」」の手法が、旅行者を迎え入れながら子どもの安全も確保するという、メコン地域の各国政府の目標達成に貢献すると確信しています。 ワールド・ビジョン の「チャイルドセーフツーリズム」 マネージャーである Aarti Kapoor 氏は次のように述べています。「環境保護活動家のおかげで、観光が環境に及ぼす影響についての意識が一段と高まり、観光業者がその責任を負うよう求められています。 子どもの保護についても同様の手法を取る必要があります。 旅行者は自らの行動が知らぬ間に子どもたちを危険にさらす原因とならないか注意し、観光業者が子どもにとって安全なものであることを確認する必要があります。」しかし、問題は複雑なため、多くの分野の人々による協力が必要だと同氏は述べています。 ワールド・ビジョンは、他の組織および観光関連の報道機関や企業と協力し、「「チャイルドセーフツーリズム」」を広めて子どもが直面している危険について多くの人に知ってもらい、彼ら自身が行う旅行が及ぼす影響について責任を負ってもらいたいと考えています。 メコン地域の国々では、複数の要因が結びついた結果、子どもたちが危険にさらされています。1つは貧困や社会からの疎外による絶望です。2つ目は、保守的でありながら近代化しつつある文化のために、性に対する若者の好奇心と彼らが直面するリスクを親が理解できないことで、もう1つはビデオ、インターネット、携帯電話などの先進技術によってポルノが蔓延し、有害な方法で青少年が性的対象となり、子どもを狙う性犯罪者がチャットやゲームルームを介して子どもに近づくことが可能になっていることです。 また、崩壊した家庭や、虐待や貧困に苛まれる家庭から子どもたちが脱出し、タイのパタヤにあるビーチリゾートや、アンコールワットがあることで有名なカンボジアのシェムリアップなど、危険にさらされやすい場所で路上生活を送るようになると、脆弱な立場に身を置くことになります。 Kapoor 氏は、東南アジアの旅行・観光業界においてはこれまでに子どもの性的搾取を根絶するために数多くの取り組みが行われており、そのうちのいくつかはかなりの効果を上げていると述べています。 この児童虐待をなくすための鍵は、子どもたちやその家族に力を与えること、メコン地域の各国がそれぞれの児童保護体制を強化する手助けをすること、そして子どもたちが直面している危険についての旅行者の意識を高めることによって得られます。 子どもを狙う性犯罪者が決して処罰を免れることのないよう、逮捕することは重要ですが、究極的には子どもが充分に保護される環境を整えることが、脆弱な子どもを助ける上で最も持続可能な方法です。 Kapoor 氏は次のように語っています。「観光産業における子どもに対する性的搾取を防止するには、旅行者に協力を求める必要があります。 「チャイルドセーフツーリズム」が意味するものは、本質的にはこのことです。 責任ある旅行者は、旅先で毎日のように子どもたちと接します。 例えば、歓楽街で物乞いする子どもや絵葉書を売る子どもにお金をあげるのは、子どもたちを助けるよい方法だと思えるかもしれませんが、そうすることにより、子どもたちは性的搾取の危険が大きい路上生活を続けることとなります。」 旅行者は、観光業界、ホテルやレストランが提供するサービスに影響を与え、それらの企業が子どもを危険にさらしたり傷付けたりする慣行を許さないようにする消費者としての力を持っています。 子どもの安全を守る旅行者になる方法 1. 取るべき行動 – 子どもたちに触れたり、一人で連れ出したりすることを人に勧めないでください。 疑わしい行動を目にしたら、通報しましょう。 2. 寄付を行う場合 – 物乞いをする子どもに直接お金を渡すのではなく、信頼できる現地組織に寄付しましょう。 3. 自国の政府 – あなたの国の政府は、子どもを虐待するために旅行に出かける性犯罪者の問題についてどのような対策を講じていますか?

Read more

Latest Tweets