Child Safe Tourism

児童保護方針を策定する

書面に作成された方針があることで、あなたの会社が児童の虐待や搾取を許さないことを明確に示すことができます。 方針は、虐待を防止し対処するための明確なプロセスを備え、シンプルで実際的、かつ達成可能である必要があります。 最も重要な点は、単に紙に書かれた文章にしておくのではなく、マネージャーやスタッフの全員が積極的に守る一連の指針とすることです。 児童保護方針の一例をご覧ください。