Child Safe Tourism

ボランツーリズムのガイドライン

ボランツーリズムは、旅行者が独特で有益な体験を得られると同時に、長期にわたって効果を及ぼす恩恵を地域社会にもたらすことができます。 しかし、ボランツーリズムが善意によるものであっても、適切な準備と管理、監視が伴わなければ、有害となる可能性があります。

この分野の活動が持つ大きなプラスの可能性を確実なものにするため、International Ecotourism Society(TIES、国際エコツーリズム協会)、Planeterra Foundation、および国際的な諮問委員会が共同でボランツーリズムに関する一連のガイドラインを定めました。 これらのガイドラインでは、児童福祉を守り、推進するための方法などのベストプラクティスがまとめられています。 ガイドラインをお読みください