Child Safe Tourism

October 13, 2014

オンラインで子どもを安全に保つ

ゲスト投稿 – Tim Gerrish, 子どもの搾取とオンライン保護センタ (NCA-CEOP)

デジタル技術は、子どもや若者の重要な関心事です。彼らは、学習や遊び、交流、そして、写真やビデオの共有、ブログ、ゲーム、ときには自分のアプリを開発するなど、あらゆる類の創造的方法で自分を表現するためにそれを使用します。それは素晴らしい機会を生み出す場所です。

しかし、デジタル技術は子ども達にいくつかの深刻なリスクももたらしています。観光を背景とした児童虐待とデジタル技術の間には、関連性があります。児童性犯罪者はしばしば、オンラインで子ども達にアクセスし、性的虐待を行うためにデジタル技術を使用します。保護者や介護者は、オンラインで子ども達が直面するリスクを減少させ、彼らを安全に保つ上で決定的な違いを生むことができます。親や保護者が、オンラインで子どもが何をしているかを理解し、関連するリスクについて子どもに話すことが重要です。

両親や保護者のためのアドバイス:

1. お子さんが使っているサイトを聞くそうすることによって、あなたのお子さんはオンラインでの生活や活動にあなたを含めることになります。子どもの関心に興味を持つようにして彼らの好きなサイトの名前をメモします。後であなたが一人でいるときにこれらのサイトを訪れて探索し、セーフティー機能​​の設定方法を探り、サイトに直接連絡する方法を学ぶことができます。

2. お子さんのプロフィールがプライベートに設定されているか確認する子ども達は Facebook、YouTube や Instagram といったソーシャルネットワーキングサイトを、情報や写真をはじめ、彼らが行うすべてのことを共有するために使用しています!お子さんにはプライバシー設定をプライベートに設定するように奨励します。そうすれば、子どもの本当の友達だけがその内容を見ることができます(この友達とは、現実世界で知っていて信頼できる人だけであるべきです)。オンラインで投稿する情報は、許可なしにコピーされ、どこにでも掲示され得ると考える必要があります。それが悪い人の手に渡った場合、誰かがそれを投稿者の意図に反して使用しようとしたり、最悪の場合、現実世界で投稿者の居場所を探しだそうとするかもしれません。

3. お子さんのオンラインの友達について尋ねるオンラインで自分の身元を偽ったり、偽の ID を作成する人がいます。子ども達がこのことを理解することは非常に重要です。子どもや若者は決して個人情報を公開してはなりません。現実の世界で実際に知っていて信頼できる人とだけ「友達」であるべきです。子どもが「オンライン」の友達に会いたいという場合は、公共の場所でのみ会うこと、少なくとも 1 人の友人を同行させること、計画をあなたに知らせることを含めて、子どもを安全に保つ方法について話し合ってください。

4. 子どものコンピューター、携帯、ゲーム機に適切な視聴制限を設定するコンピュータや携帯電話は、フィルタを使って不適切なコンテンツや違法と思われるコンテンツを表示しないようにすることができます。あなたはそれを起動し、子どもの年齢や能力に応じて表示レベルを変更することができます。また、インターネットやゲームを使用する時間制限を設定することもできます。これは無料で簡単にインストールすることができます。詳しい情報はこの作業をサポートするサービスプロバイダに電話するか、またはCEOP の保護者サイトをご覧ください。

5. デジタル技術とオンラインの危険性について子どもに話す子ども達がオンラインで不快に感じたり、見たくないものが表示されたりする状況に陥ることは珍しいことではありません。子どもと話し合う機会を設け、子どもにインターネットや自分の好きなサイト、彼らが遭遇するかもしれないリスクについて話すことによって、子どもに何か心配事がある場合、あなたに話す可能性が高くなります。

6. お子さんについて心配事がある場合に助けが得られる場所を知る緊急時には最寄りの警察に連絡してください。

オンラインでの子どもの安全保持に関する詳しい情報およびリソースについては、CEOP の Thinkuknow ウェブサイトをご覧ください。