Child Safe Tourism

ビジネス慣行と方針

人々は、子どもを守るのは難しいと考えがちです。 しかし実際には、観光地にいる弱い立場の子どもたちをしっかりと守るために、事業の中で実施できる簡単な行動が多数あります。

児童保護方針を策定する

書面に作成された方針があることで、あなたの会社が児童の虐待や搾取を許さないことを明確に示すことができます。 方針は、虐待を防止し対処するための明確なプロセスを備え、シンプルで実際的、かつ達成可能である必要があります。 最も重要な点は、単に紙に書かれた文章にしておくのではなく、マネージャーやスタッフの全員が積極的に守る一連の指針とすることです。 児童保護方針の一例をご覧ください。

ボランツーリズムのガイドライン

ボランツーリズムは、旅行者が独特で有益な体験を得られると同時に、長期にわたって効果を及ぼす恩恵を地域社会にもたらすことができます。 しかし、ボランツーリズムが善意によるものであっても、適切な準備と管理、監視が伴わなければ、有害となる可能性があります。

この分野の活動が持つ大きなプラスの可能性を確実なものにするため、International Ecotourism Society(TIES、国際エコツーリズム協会)、Planeterra Foundation、および国際的な諮問委員会が共同でボランツーリズムに関する一連のガイドラインを定めました。 これらのガイドラインでは、児童福祉を守り、推進するための方法などのベストプラクティスがまとめられています。 ガイドラインをお読みください