Child Safe Tourism

市場調査

顧客が「「チャイルドセーフツーリズム」」についてどう考えているかを知りましょう。

子どもの安全を守る旅行者

この報告書は、2013 年 4 月~5 月の間にタイのバンコクで実施された調査の調査結果を示したものです。Child Safe Tourism: The Tourist Perspective(チャイルド・セーフ・ツーリズム: 旅行者の視点)を土台としたこの調査は、カンボジア、ラオス、タイ、ベトナムの観光旅行に関連した子どもの搾取に対する観光客の認識に、深く踏み込んでいます。また、チャイルド・セーフ・ツーリズムの広報に対する観光客の反応の評価も行いました。 39 カ国からの合計 268 人の観光客が調査とインタビューを受けました。東南アジアへの観光客が望むことについて、調査でわかったことは次の通りです: 
i) 子どもの安全を守る旅行者であるための方法について、明確な情報がほしい。
ii) チャイルド・セーフ・ツーリズムに則るより多くの選択肢がほしい。
iii) 政府や観光業界が主導する変革に寄与したい。

完全レポートおよび要旨を読む。主要調査結果のインフォグラフィックを表示する。(英語のみ)

「チャイルドセーフツーリズム」:旅行者の視点

37カ国の300名を超える方々が自主的に調査に参加し、カンボジア、タイ、ラオス、ベトナムの子どもたちと関わった体験と、「「チャイルドセーフツーリズム」」に関する各自の意見を語っています。 回答者の84.8% は、旅行中に子どもを守り、搾取を防ぐための方法についてもっと知りたいと述べ、94.8% は児童を保護する会社の方針が、彼らの購買判断にプラスの影響を及ぼすと答えています。こちらで詳細な報告書および概要をお読みください。