Child Safe Tourism

September 2, 2013

ユニセフ:東アジア太平洋地域における児童虐待に関する統計的スナップショット

ゲスト投稿 – Amalee McCoy、ユニセフ東アジア太平洋地域児童保護スペシャリスト

子どもの虐待、ネグレクト、暴力や搾取は驚くほど広くまん延しています。これらの経験はすぐに子ども達に影響を及ぼし、しかもその影響は長期にわたって残り、しばしば破壊的です。2012 年後半に発表されたユニセフの画期的な調査報告Child Maltreatment: Prevalence, Incidence and Consequences in the East Asia and Pacific Region(児童虐待:東アジア太平洋地域における流行、発生および結果)がこれらの傾向を確認しています。同報告書は、この地域における児童虐待の普及、発生率および結果について、2000 年から 2010 年の間に出版された 364 件の調査の革新的で系統的考察の結果を示しています。

この系統的考察は、子どもの身体的、性的、感情的な虐待の流行と発生率に関する多くの定量的な研究を明らかにしました。いくつかの驚くべき統計が以下を含めて強調されています:

  • 同地域における深刻な身体的虐待の流行は 9% から、児童の 4 人に 1 人に及ぶ。
  • 男女両方の児童の 14%~30% が生涯にセックスを強制された経験があると報告している。
  • 子どもの時に性的および/または身体的虐待を経験した青年および成人は、虐待経験のない人よりも自殺を考えたり試みる率が 4 倍も高い。

残念ながら、子どもの商業的な性的搾取の流行と発生率についての考察を通じた人口ベースの確率データは確認されませんでした。しかし、かなりの数の小規模研究が、いくつかの数字に光を当てただけでなく、売春をしている子ども達の状況を明らかにしています。例:

  • ベトナム: ユニセフと傷病省社会局による 2010 年の調査で、すべての女性セックスワーカーの約 15%が 18 歳未満であることがわかった。
  • タイ: ILO IPEC による 2005 年の調査では、売春を行う子どもや若い女性の 19.8%がその初体験がレイプだったと報告している。
  • カンボジア: ECPAT カンボジアによる 2009 年の調査では、全国の NGO から収集されたデータによると、性的搾取のために人身売買された被害者の 37%が子どもだったことが判明した。

児童虐待の結果を見ると、系統的考察により、性的虐待や搾取を経験した子どもや若者は心身の健康も劣る傾向があることがわかりました。危険な性的行為の強制、あまりにも幼すぎる年齢での性的関係による身体的傷害の高い可能性、そして医療へのアクセスの欠如は、すべて子ども達の長期的な健康と発達に影響を与えます。調査はまた、高い率のうつ病、羞恥、自殺願望やその試みなど、多くの精神衛生上の問題を明らかにしています。これらの子ども達はしばしば、定期的に学校に通うのが困難で、薬物使用などの高リスク行動に関与したり、より年長になると暴力を犯す傾向がありました。

これらの種類の調査結果は、政府や市民社会団体、開発機関や学界が東アジア太平洋地域における子どもの保護体制の強化を擁護し、投資し、部門間で協力することが緊急に必要であることを強調しています。地域全体での取り組みは、単に虐待の個別のケースに対応する努力ではなく、児童の性的搾取などの児童虐待を防止するために、証拠に基づいた政策やプログラムへと移行しなければいけません。児童虐待、ネグレクト、暴力や搾取のほとんどの症例が報告されることがなく、しかも結果は極めてネガティブであることを考えると、発生する前に児童虐待を防止するために、私達がより効果的に協力することが不可欠です。

ユニセフの児童虐待レポートで完全な系統的考察をお読みください。(英語のみ)